糖尿病の発症を予防

あなたが糖尿病予備群であることを深刻に受け止めることと、手遅れになる前に生活習慣を変えるため何かすることは,正真正銘の糖尿病に進行するのを防ぐうえで最も重要なことです。
MENU

糖尿病の発症を予防するには

糖尿病発症を予防

 

 あなたが糖尿病予備群であることを深刻に受け止めることと、手遅れになる前に生活習慣を変えるため何かすることは、正真正銘の糖尿病に進行するのを防ぐうえで最も重要なことです。

 

それほど遠くない過去、私たちが糖尿病とその原因および合併症について良く知らなかった頃は、医療関係者の多くが糖尿病の初期症状をそんなに深刻なものだとは考えませんでした。ある医師たちは血糖値が徐々に上がるのを見ても、それを患者たちに教えようとは考えませんでした。
別の医師たちは、患者たちにただ「あなたの血糖値はちょっと高いです。ダイエツトに気をつけなさいj と言っただけでしょう。
あるいは、医師たちは患者たちに「境界型糖尿病」だから糖分には気をつけるように指示したでしょう。
その後は患者たちにそれ以上の教育をせず、彼らの好きなようにさせたでしょう。

 

もちろん大多数の患者たちは、たぶん夕食後のパイ2切れを1切れにする以外、 この状況に対して多くのことはしなかったでしょう。彼らの血糖値は最終的に立派な糖尿病と診断されるまでゆっくりと上がり続けたことでしょう。
すでにこの時までに、 ある人たちはインポテンツ、足の神経障害、 目の障害、 あるいは心臓発作にまで及ぶ合併症を発症したことでしょう。医療専門家たちはこれらの合併症がいかに深刻なものかを認識し始めたので、空腹時血糖値の許容上限を140から126mg/dlに下げました。

 

それから正常空腹時血糖値上限を110から100以下に下げました。将来的にはこれらの上限をさらに下げるかもしれません

 

糖尿病予備群と診断された場合、あなたはこの問題を手遅れになる前のいま知ったことに感謝すべきです。それは早期警戒管報、赤旗、つまりあなたの行く手に横たわる危険の予告です。行動を開始しなさい。しかし行動の大部分はあなた次第です。2型糖尿病の発症回避を助げ、無数の研究で証明されたライフスタイルの変更を実行できるのは、 あなたただ一人なのです。

 

それらは容易ではないでしょうが、しかし可能です。

 

たとえあなたの行動が、遺伝的素因をもっこの病気の発症を単に先送りするだけだとしてもです。病気にかかるのが長期にわたるほど、合併症にかかるチャンスは大きくなることを私たちは知っています。糖尿病を5〜10年先送りするだけでも、重篤な合併症を発症するチャンスに大きく影響することでしょう。

 

血糖値を下げたい方へ | 糖尿病予備軍から脱出するコツ

 


このページの先頭へ