血糖値の急上昇を抑える

血糖値は食事をすれば誰でも上がります。ただ、急上昇することが問題ですので、血糖値の急上昇を抑えてくれる食べ物を紹介します。
MENU

血糖値の急上昇を抑える方法

 コンニャクを使ったダイエットは、誰でも一度は耳にしたことがあるぐらい有名ですね。ノンカロリーで、食物繊維も豊富であることから、女性を中心としたダイエットファンに圧倒的な支持を得たのです。
コンニャクがダイエットに最適だというのには、その主成分であるグルコマンナンに秘密があります。グルコマンナンは、水溶性の食物繊維。水を含むと、大きくふくれる性質を持つので、胃の中で膨張し満腹感をもたらします。

 

血糖値の急上昇を抑える方法

 

そのため、食前に水とともにグルコマンナンをとると、食べすぎを未然に防ぐことができ、カロリーの過剰摂取を抑えることができるのです。

 

グルコマンナンの働きは、ダイエット効果だけではありません。グルコマンナンには、食後の血糖値の急激な上昇を防ぐ働きもあります。
これは、グルコマンナンが、酸性の胃の中でゼリー状になり、ゆっくりと腸に送り出されていくためであり、食べ物の胃内滞留時間が長くなることで、ブドウ糖の吸収もゆっくりになり、血糖値の急上昇を抑えてくれるのです。

 

実際、病院での糖尿病治療食としてグルコマンナンがとり入れられ、インスリンの投与がいらなくなった例もあるようです。

 

また、グルコマンナンは、アルカリ性の腸内では、弾力性のあるかたまりに変化します。
このとき、コレステロールや脂肪分などをとり込み、そのまま体外へ排出するので、中性脂肪値やコレステロール値の低下にも効果を発揮。高脂血症の改善にも有効です。

 

さらに、大きくふくれたグルコマンナンは、便のカサをふやし腸壁を刺激します。すると、大腸のぜんどう運動が活発になり、便通がよくなるので、大腸ガンの予防にもつながり、便自体もやわらかくなるので、痔の改善にも役立つはずです。食物繊維も豊富なことから腸内の善玉菌をふやし、全身の免疫系が賦活されます。
次いで内分泌系や神経系も刺激されることにより、全身の新陳代謝が活発となり、血糖値を下げることになります。

 

 

たっぷりの水とコンニャクで生活習慣病の予防

 では、ダイエットや生活習慣病予防のためにグルコマンナンをとるには、どのようにしたらよいのでしょうか。

 

いちばん安上がりで簡単な方法は、コンニャクを夕食前に200gほど食べるということ。このとき、水分をたっぷりとるのがポイントです。

 

また、外食が多い人や料理の時聞がないというかたは、コンニャクイモからグルコマンナンを抽出した補助食品を使ってもよいでしょう。食生活に合わせてじようずにとり入れてください。

 

コンニャクは、ダイエットでリバウンドを繰り返している入、便秘になってしまった人、中高年で生活習慣病も気になるという人にこそ、再認識していただきたい食品です。

 

血糖値の急上昇を抑える方法

 

 

このページの先頭へ