血糖値が高い人

インスリンの効きにくさを「インスリン抵抗性」というのですが、最近このインスリン抵抗性がさまざまな問題を引き起こしていることが注目されています。
MENU

インスリンが出ても血糖値が高い人

 糖尿病(高血糖)と高血圧、肝機能障害(脂肪肝)の根っこは同じ、といったら驚かれるでしょうか。

 

糖尿病が進行するとインスリンを注射で補う治療が行われるケースが多くなります。

 

インスリンはホルモンの一種で、この量が足りない、または効き方が悪いと糖が細胞にとり込まれずに血液中に余ってしまいます。これが糖尿病。
インスリンの効きにくさを「インスリン抵抗性」というのですが、最近このインスリン抵抗性がさまざまな問題を引き起こしていることが注目されています。

 

インスリンが十分出ているのに血糖値が上がりやすい人は、インスリン抵抗性が高いといえます。血液中の糖は、インスリンによって各細胞に送り込まれますが、このときインスリンは細胞中の「レセプター」と呼ばれる場所にくっついて働いています。

 

太っている人の場合などは、レセプターへのインスリンのくっつき方や、レセプターでの刺激の伝達が悪いため、インスリンが十分に働くことができず、インスリン抵抗性が高まるのです。
インスリンの作用が半分になってしまったら、通常の倍量のインスリンを出してやれば血糖は処理できるはず。そのため、こうした人はよりたくさんのインスリンを分泌しようとします。

 

 

しかし、ここで問題になるのは、インスリンの効き方が臓器によって変わってくるということです。

 

たとえば、肝臓でのインスリンの働きが通常の半分に落ちたとします。ほかの臓器でも半分になるのなら、単純に2倍の量のインスリンを分泌すればいいのです。
しかし、臓器によって、効き方の悪さは異なるといわれており、ある臓器ではちょうどいいインスリン量なのに、別の臓器では過剰になってトラブルを引き起こすことがあるのです。

 

 

過剰なインスリンは中性指肪や動脈硬化の原因

 何事も「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」といわれますが、インスリンも例外ではありません。
血糖を細胞に送り込むという重要な役割を担う一方で、インスリンには負の働きもあります

 

中性脂肪を合成するというのもそのひとつ。ですから、ある臓器での働きをカバーしようとしてインスリンが多く分泌されると、別の臓器ではインスリン過剰の状態となります。
これが肝臓で起これば余分な中性脂肪がつくられ、脂肪肝や肝機能低下を引き起こします。また、腎臓でインスリンが過剰になるとナトリウム(塩分)の吸収を促進しすぎてしまい、高血圧につながります。

 

インスリン過剰には血栓溶解作用を抑えてしまう働きもあります。人間は出血すると、それを止めようとして血液は固まります。しかし固まった血液がいつまでもそこにあると、血液の流れが滞ってしまいます。そこで一定の時間がたつと、その血のかたまりを今度はとかすように働くのです。

 

ところが過剰なインスリンには、固まった血液がとけるのを阻害する物質を過剰に発生させる働きがあります。このため、インスリンが過剰になると血栓ができやすく、動脈硬化を促進させることもあるのです。

 

一見異なる症状のように見える高血糖、高血圧、高中性脂肪、肝機能障害などの根っこには、インスリン抵抗性という共通の問題が横たわっています。インスリン抵抗性の高い人は、糖尿病だけでなく、そのほかの深刻な病気にも注意が必要だということです。

 

インスリンが出ても血糖値が高い人

 

このページの先頭へ